アクセス
写真

ごあいさつ

大阪木材工場団地協同組合
第11代理事長 浦本 雅史

 大阪木材工場団地協同組合は、昭和37年6月に大阪市内を中心とした木材加工メーカー47社が中心となって設立され、木材の高付加価値創造の木材工場団地として、また住宅産業部材の供給拠点づくりを目的として集団化を計画し、昭和38年度の国の工場等集団化事業による助成団地として誕生いたしました。
山や畑を造成し、工場建設をスタートして約半世紀が経過し、現在は木材関係以外の企業も進出し51社の企業が加盟しています。

 また、工場団地としては、一般友好企業を含め約120社の工場が立地し、周辺には多くの商業施設等が設置され、一つの街として機能するまでに発展いたしました。
今後も『働く人の満足度が高い、付加価値の高い工場団地』として、現在取り組んでいる事業をはじめ、様々なテーマや課題について、組合員をはじめとする皆様方のご意見を伺いながら取り組み、より一層魅力のある工場団地づくりを目指してまいります。

平成25年7月